金融の資格で、銀行業務検定があります。営業事務をいている人が昇進をするのであれば必須とも言われています。

銀行業務検定と金融の資格を知ろう
銀行業務検定と金融の資格を知ろう

金融の資格では銀行業務検定で営業事務の昇進

簿記検定という試験があります。こちらに関してはいくつかの団体が行っていますが、一番メジャーなものであれば1級を取得することで税理士の受験資格を得ることができます。1級は非常に難しい試験ですが、2級も決して簡単ではありません。一般に簿記のことを知ろうというのであれば3級があれば十分です。ただし何らかの評価を受けようと思うと2級以上を取得しておけば良いということです。メジャーということで対策本もたくさん出ていて、資格の学校であればほとんどにおいてコースが設定されています。独学でも学校を利用しても勉強ができます。
金融の資格において銀行業務検定というものがあります。営業事務においては取得しておきたい資格の一つです。こちらに関しては銀行と名のつく会社であれば取得を奨励しています。そのほか損保会社などでも取得していれば評価につながることにあります。内容としては銀行業務全般に関わることになります。各銀行独自のこともありますが、基本の部分はこちらで学ぶ内容に準じていることになります。ですから転職をするにしても、何も持っていないよりもこちらを持っているというだけで能力を示すことができます。必須の資格になるということです。
では何級ぐらいを持っていれば良いかですが、2級を持っていれば昇進などにおいて有利になるということです。逆に持っていないと昇進できないということもあるようです。ということで勉強をしたいところですが、あまり情報がないというのが実情です。書店に行くと対策本は並べられていますが、いろいろな会社から出されているということはありません。資格の学校においても、通学式のところでは対応しているところは少ないです。通信で行うことができる場合は対応してくれているところもあります。昇進の年齢になってきた時に急にとろうと思ってもなかなか取れるものではありません。ですから若い時に、早めにとっておくようにすると良いです。
注目情報